ポイントはお金のかけら

もともと、私は現金派でした。
それは、両親が現金派でありクレジットカードは恐ろしいという先入観、また、私自身がクレジット会社に借金をしている感覚が嫌だったからです。
そんな私がクレジットカードを使いだしたのは自動車を購入したころからで、使いt始めた当初の理由は、ガソリンを給油すると1度に1万円近い料金が必要になるため、財布に常時ある程度の現金を入れておかなければならないこと、そのためにはキャッシュカードで度々現金をおろす必要があったことでした。

クレジットカードを使い始めて、色々勉強してみるとクレジットカードを使うとポイントが貯まることが解かり、クレジットカードの会社によってポイントの還元率やポイントの使途に差があることが解かりました。
要はクレジットカードで買い物をするということは、ポイントというお金をもらうのと同じことだと気が付いたのです。
還元率は微々たるものですが、徹底して使うと、私の場合は年間約2万5千円のキャッシュバックを受けています。

普通に生活をしていて2万5千円拾うことはまずないですが、クレジットカードを使っていなかったということは、目の前にある2万5千円に気が付いているにも関わらず拾わずに通り過ぎていたのと一緒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です