クレジットカードを持っているだけで生活が便利になります

クレジットカードを作るにあたって心配なのは皆さんやはり審査だと思います。
審査基準はカード会社によって違うようです。
これまでに複数のクレジットカードの発行を申し込んできました。
ですが審査に通ってカードが発行されたのは2割くらいでしょうか。
実際に発行された時や発行されなかった時にはそのたびに理由を考えていますが、その基準というのははっきりと未だにわからないです。
審査の内容はほとんどの会社が同じだと聞いた事がありますが、その内容に求めるカード会社の基準がそれぞれかなり違うのだと思います。
内容は収入、勤続年数、住居年数、持ち家・・・などです。

ではカードを申し込むにあたってどうしたら審査に通りやすくなるのか説明したいと思います。
携帯料金や公共料金の支払いの滞納があったりすると審査に通過しにくくなるようです。
また一番審査に通過しない理由は記入欄に空欄が多いことや誤字脱字だそうです。
書き間違いが多いことは返済に対しても雑になると判断されるのでしょうか。
あと審査に通らないからと言って嘘を書くことはダメです。
カード会社は信用機関とつながっていますから嘘を書いたところですぐに見破られてしまいます。
嘘を申告しバレてしまって今後一切カードは作れないということになりかねないのです。

クレジットカード会社は当然、実在する人物にしかお金は貸したくないんだ。
そのために大事なのが信頼関係だ。当たり前のことのように思われがちだが、申込書を丁寧に間違いの無いように書くだけでも審査の結果は変わってくる。
出典:ブラックの人でも作れるクレジットカードはこれ!【2016年最新速報】

それから、同じグループのクレジットカードの発行にはどうやら限度がありそうです。
確かに4枚も5枚も申し込むと怪しまれるのでしょう。
また同時期に違う会社でも複数申し込むのは審査に通りづらくなります。
理由はまず入会特典目的と判断される事です。
複数社のカードがすべて審査に通ってしまえば短期で数万手に入れてしまうことが出来る為です。
そしてお金に困っているのか?多重債務に陥る危険があると判断されてしまいます。
上記と判断されてしまえばまず審査には通過出来ません。
なので手当たり次第に申し込みというのも賢明な判断とは言えません。
カードがほしい方は1社に絞って申し込みをしてみてください。

クレジットカードはとにかく便利です。
それを持っているだけで生活を豊かにしていくことが出来ます。
現金を持っていなくても支払いをすることが出来ます。
友達と飲み会をした後にお金を集めて自分がクレジットカードで一括で支払うとポイントを集めることも出来ます。
このように多くの人に感謝されつつもお金に対するメリットもあるのがクレジットカードです。

最近では年会費が無料のカードも多く登場してきています。
ですから、それを作るだけでも良いのです。
更にカードを作った時にポイントを付与するような会社もあります。
いきなりお得なキャンペーンが消費者を助けてくれるのです。
実際にカードを作る時にはカード会社の審査を通過することになります。
会社員などをしていて、まじめに仕事をしているならばクレジットカードを作るための審査を通過することは難しいことではありません。
それよりもクレジットカードを作った後のメリットに目を向けたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です